パパ活と援助交際の違い

パパ活と援助交際は何が違うの?

援助交際との大きな違い

パパ活と援助交際はどちらも出会い系サイトを使用して相手を探すものですが、 パパ活と援助交際の大きな違いはパパ側が目的とするものの違いです。
援助交際は若い女の子とのセックスを目的にしています。そしてその対価としてお金を払います。
ですので大抵は一回一回別の人を相手にしなくてはいけませんし、売春という法に触れる行為です。
ですが、パパ活をしているパパはセックスを目的としていません。
女の子と一緒にプライベートな時間を過ごしたいという目的で、その内容としてはデートや食事や趣味への付き合いなどです。
パパ活は肉体関係よりも、女の子のプライベートな時間をお小遣いという手段で支払って買うというような、時間を買うのが目的です。
ですので一回一回の出会いというよりは、定期的に長くお付き合いを続けるというスタンスなのです。

愛人関係との違い

定期的にパパから資金援助をしてもらい、代わりに関係を続けるとなると、イメージとしてわくのは 愛人関係だと思います。
パパ活と愛人関係って何が違うの?と思うかもしれません。
パパ活と愛人関係の大きな違いは、そこにビジネスがあるかどうかです。また恋愛感情があるかどうかです。
愛人関係は奥さんがいる男性の恋人です。お手当をもらってセックスをしたり、癒しを与えたりします。そうして簡単には なかなか別れられません。
パパ活はそこに恋愛感情は含まれませんし、女の子のほうが嫌になったときはすぐにやめてもよいのです。
また愛人のような恋人関係でもないので、肉体関係も強制ではありません。自由度が高いのがパパ活の特徴です。

最後に

いかがでしょうか?パパ活は援助交際や愛人関係よりかなりラフに始められるのが特徴です。
ちょっとした自分の時間をパパとのデートに使ってお小遣いゲット!
気になる方は是非活動を初めてみてはいかがでしょうか。